目の下のくまやたるみは様々な種類がある|原因によって治療法も違う

女の人

ダイエットで痩せない部位

2人の女性

姿勢を良くすることで予防

ダイエットをしても効果の出ない部位があります。それが太ももです。太ももが太くならないように普段から工夫する必要があります。それは姿勢を良くすることです。姿勢が悪いと骨盤の開きやゆがみが大きくなります。骨盤が開くと足の付け根が外側に開きます。そうなると股関節がねじれ、太ももの前の部分や外側に筋肉がつきやすくなるのです。また血流も悪化するので代謝機能が落ち、脂肪がつきやすくなります。これを予防するには普段から姿勢を良くする工夫をすることが大事です。最近の若い女性はスマホに夢中になるあまり、猫背の姿勢になっています。いつもその姿勢を取っていると、知らないうちに太ももが太くなってしまいます。デスクワークをする時も、背筋を伸ばすようにします。

脂肪細胞を除去する効果

太くなってしまった太ももはダイエットでは痩せることができないので、美容整形で施術を受けることになります。今では脂肪吸引という方法で簡単に太ももの余分な脂肪を除去できます。脂肪吸引の方法は細い吸引器具を太ももに挿入し、脂肪細胞を吸引して取り除くのです。脂肪細胞を除去するので即効性があります。施術後はダウンタイムが必要で、3日か4日の休息を取る必要があります。施術後は痛みが出るのでクリニックで処方された薬を飲みます。脂肪吸引のあとに青や紫の内出血が出ることがありますが、時間と共に消えていくので心配は無用です。体重が変化しなければ、脂肪吸引によって確実に太ももを細くできます。医師の技術が必要なので治療実績のあるクリニックを選ぶようにします。